***********************

2019年度 システムズアプローチ研究所主催

サマーワークショップ基礎コース/事例検討会

日々臨床に携わっておられる、あるいは臨床心理を学ばれている先生方に臨床の現場で役立てていただくことを目的としたサマーワークショップ『基礎コース』と、実践者のための『事例検討会』です。それぞれの研修会は、参加いただく先生方の経験に合わせてコースをお選びいただけるように2つのコースを設けました。

 

SW1:基礎コース》   システムズアプローチ入門 

このコースはこれから本格的にシステムズアプローチを実践したいという方や、もう一度システム論的家族療法の臨床の基本を学び直したいと考えておられる方への、理論の修得と初歩的な実践を繋ぐためのコースです。

少し本で読んだり、家族療法やシステムズアプローチの講義を聴かれたことのある方にお勧めします。システムズアプローチでは、「システム」や「コミュニケーション」に関する特殊な『モノの見方−認識論−』が必要です。これらを即座に身につけることは難しいことですが、ある程度繰り返す基礎的なトレーニングによって『モノの見方』を切り替えるためのコツを掴み、「システミックなモノの見方」を身につけることができます。

【日時】  2019年8月14日(), 15日(), 16日() 、初日1030開始、2日目以降1000-1700

【会場】   大阪市内 (参加お申込みを受理後、会場への地図や資料等を送付いたします。)

【講師】  吉川 悟(龍谷大学)

【参加費】 ¥38,880−(税込)    

【定員】  15名

 

《事例検討会》   システムズアプローチによるスーパービジョン・システム 

この事例検討会は、システムズアプローチによる集団スーパービジョン・システムとして、開催させていただく研修会です。システムズアプローチの実践の向上のためには、できるだけ適切なスーパービジョンを受けることで、自らの臨床的技量の問題を改善することが求められます。システムズアプローチによる集団スーパービジョン・システムでは、参加者全員が臨床現場で実践している事例を提出していただき、それを元に自らの実践で活用できるようにロールプレイでの演習を基本とした研修会です。

【講師】  吉川 悟(龍谷大学)

【定員】  10名(6名以上で開催)

【参加条件】 原則的にSW基礎コース受講か、同等のシステムズアプローチの臨床経験をお持ちの方

【日時】 2019年10月19日(), 20日() 初日10:30-19:00, 2日目10:00-17:00

【参加費】 ¥32,400-(税込) (初日のみであれば、\19,440-(税込) )    

【会場】   大阪市内 (参加お申込みを受理後、会場への地図や資料等を送付いたします。)

《事例検討会》への参加に際しての留意点】

 1,《事例検討会》への参加は、【参加条件】にあるとおり原則的にSW基礎コース受講か、同等のシステムズアプローチの臨床経験をお持ちの方とさせていただきます。詳細やご質問は下記事務局まで、下記要項の付帯事項としてご質問下さい。

 2,《事例検討会》では、参加していただく方全員に事前にレジメ作成を課します。レジメの形式は規格があり、それにしたがった内容を記すことが参加条件となります。なお、提示いただいた事例は、守秘義務に基づきすべて回収を前提としますので、ご了承下さい。また、事例提示ができないが参加したいとのご要望については、申込み段階で必ずその旨を記して下さい。事例提示ができない場合、参加者順位は、事例提示者を優先しますので、ご了承下さい。

 

お申込(お問合せ) システムズアプローチ研究所事務局  ail  Faxにてお願いします。

*その際、申込の学習会名称(名称、開催日)・氏名(ふりがな)・ご職種・ご所属先、臨床心理士資格の有無(有の場合、臨床心理士番号)、を明記下さい

*なお、開催までのご連絡先、郵送先を必ず指定下さい。参加確認等のご連絡をいたします。

申込み受付Mailkomisen@f3.dion.ne.jp /Fax 06-6978-5570 (受信確認の返信をします)

*会場の都合上、定員に達し次第、締め切らせていただくことがありますので了承下さい。

参加費のお振込   お申込み後、こちらから参加確認とお支払い等のご連絡をいたします。

参加費振込み後のキャンセルについては、当方の都合により中止する以外は返金をいたしませんので、ご了承下さい。

***********************